スムーズな相続を実現したいならまずは弁護士に相談を

main-img

相続は誰もが経験する可能性のあるものですが、残念ながら事前に準備しておく人はまだまだ少ないのが現状です。もちろん相続がスムーズにいくケースも数多くありますが、一度もめてしまうと、血を分けた親族同士の遺恨が後々まで続くことになりますので、そうならないためにもしっかりと準備しておくことが大切です。



トラブルの無い相続を実現するためには、遺言書を作成しておくことが重要です。



ただし遺言書は一定の様式を満たしていることが必要で、知識の無い素人が作成していても、法的な効力を持たない場合も考えられます。



そこで間違いのないようにするためにも、遺言書の作成から相続手続きの全般まで、弁護士に相談するというのも一つの方法です。



弁護士に依頼するメリットは、まず間違いなく有効な遺言書を作成してもらえることにあります。



また複雑な手続きや面倒な交渉も依頼できますので、相続人の中に関係がうまくいっていない人がいる場合には非常に有効です。

さらに弁護士の中には、税理士や司法書士などと連携しているところもありますので、権利や財産が複雑に絡み合っているようなケースでも、安心して任せることができるのです。



自分の死後に、親族同士がいがみ合うのはできれば避けたいものです。円満な関係を末永く続けてもらうためにも、専門家に相談してしっかりと道筋を立てておいてあげましょう。
弁護士の中には無料相談を設けているところもありますので、まずは気軽に話を聞いてもらってはいかがでしょうか。

関連リンク

subpage01

外国人の相続には必ず弁護士が必要になる

外国人が日本国内で亡くなり、その所有不動産などの遺産が子供に相続されるときには、必ず弁護士などの専門の法律家が手続きを行わなくてはいけません。日本国内の不動産などの資産価値があるものは、日本人だけではなく国籍を持っていない外国人であっても購入することができます。...

more
subpage02

相続問題について弁護士に相談する際の注意点

遺産分割など、相続に関する問題について弁護士に相談する際にはどのようなことに気をつけるべきでしょうか。このような問題において重要なことは、相続人が誰であるかと、遺産にはどのようなものがあるか、の2点です。...

more