外国人の相続には必ず弁護士が必要になる

main-img

外国人が日本国内で亡くなり、その所有不動産などの遺産が子供に相続されるときには、必ず弁護士などの専門の法律家が手続きを行わなくてはいけません。



日本国内の不動産などの資産価値があるものは、日本人だけではなく国籍を持っていない外国人であっても購入することができます。しかし、こうした不動産を日本人と同じような形で登記をすることはできないため、実際に外国人が日本国内で資産価値のあるものを取得したときには、法律家によって日本国内の法律と海外の法律を照らし合わせて、外国人専用の登記をしなくてはいけないのです。
このような外国人専用の登記のことを渉外登記と言います。



そして、家族の中に日本籍を持たない外国人がいてその方が亡くなった時には、相続をするときに本国法に依存するか日本の法律に依存するかをきちんと調べなくてはいけません。

亡くなった方の本国法に、亡くなったときには本国法に従う旨の規定があるときには日本国内で相続登記をする事ができなくなってしまいますが、国内で出来るときには弁護士が法律に則って家族に相続登記を行うことになります。



日本国内の遺産相続というのは、何も日本人に限定されるわけではありません。



家族の中に外国人がいる場合には、通常とは異なる方法によって遺産の分割をしなくてはいけないため注意が必要です。



実際、不動産の購入などに際しても外国人の場合は弁護士や司法書士が付いていなくてはならないこともあるため、よく検討することが大切です。



関連リンク

subpage01

外国人の相続には必ず弁護士が必要になる

外国人が日本国内で亡くなり、その所有不動産などの遺産が子供に相続されるときには、必ず弁護士などの専門の法律家が手続きを行わなくてはいけません。日本国内の不動産などの資産価値があるものは、日本人だけではなく国籍を持っていない外国人であっても購入することができます。...

more
subpage02

スムーズな相続を実現したいならまずは弁護士に相談を

相続は誰もが経験する可能性のあるものですが、残念ながら事前に準備しておく人はまだまだ少ないのが現状です。もちろん相続がスムーズにいくケースも数多くありますが、一度もめてしまうと、血を分けた親族同士の遺恨が後々まで続くことになりますので、そうならないためにもしっかりと準備しておくことが大切です。...

more