相続や遺産の分配で欠かせない弁護士のサポート

main-img

遺産を受け継ぐ方が複数存在する場合には、この問題を円満に解決する事が必要になります。



被相続人として法的に認められている方には、法律で認められる一定の遺産を受け継ぐ事が出来るというルールがあります。また、遺言や生前贈与で遺産の多くの割合を、特定の人物に譲り渡す事も出来るようになっているのです。



そのため、遺産を分割しなければならないケースで、複数の遺産を譲り受けるべき方々が、分配方法に関して戸惑うことがあるのです。この相続の問題を円満に解決するには、遺産の遺留分の規定を把握した上での対応が必要になることから、弁護士の方からのサポートが欠かせません。



これは遺産に関連する遺言や、特定の人物への遺産贈与を適切に処理する為にも必要で、遺留分が明確に遺言で提示されていないことが問題になっている場合には、一定期間以内に適切な対応をとらなければならないために、弁護士の方から、早急に適切な指導を受ける事が不可欠になります。



専門の弁護士の方に遺産の相続について相談する事で、遺留分の割合を法的な基準に沿って適切に分配してもらう事が出来るのです。



特に、配偶者や子供などが相続人として存在している場合は、遺産の半分を譲り受けることができたり、直系に値する相続人の方の場合には、法的にも遺産の一定の割合を譲り受けることができます。



しかし、遺産は遺言で特定の人物に全てを譲り渡す事も出来るために、生前贈与などを含め、様々な問題を解消する為に、有効な手段を弁護士の方に相談する必要があるのです。

関連リンク

subpage01

相続問題について弁護士に相談する際の注意点

遺産分割など、相続に関する問題について弁護士に相談する際にはどのようなことに気をつけるべきでしょうか。このような問題において重要なことは、相続人が誰であるかと、遺産にはどのようなものがあるか、の2点です。...

more
subpage02

外国人の相続には必ず弁護士が必要になる

外国人が日本国内で亡くなり、その所有不動産などの遺産が子供に相続されるときには、必ず弁護士などの専門の法律家が手続きを行わなくてはいけません。日本国内の不動産などの資産価値があるものは、日本人だけではなく国籍を持っていない外国人であっても購入することができます。...

more